TOPサイトマップリンク
出版助成
 
環境問題研究助成
 成果発表助成
博物館展示案内出版
学術書出版助成
 
生き生きシニア活動顕彰
 
顕彰の趣旨
顕彰申請方法
顕彰実績
”元気っこFORUM”
 

博物館展示総合出版助成


地図上の番号をクリックして下さい。

No.
博物館名(刊行年度)

所在地
常設展示の総合案内テーマ
▲ページトップへ戻る


No.1
北海道開拓記念館(S58)、改訂新版(H5)

札幌市
「北の大地」「アイヌ文化の成立」「蝦夷地のころ」「近代のはじまり」「開けゆく大地」「不況から戦争へ」「戦後の北海道」「新しい北海道」
▲ページトップへ戻る


No.2
北海道立 北方民族博物館(H4)

網走市
「北のクロスロード」「衣を通してみる民族の広がり」「北方民族の食」「北方民族の住居」「海の狩人・オホーツク文化の人びと」「北方の精神世界」「北方の生業」「文化の伝承」
▲ページトップへ戻る


No.3
釧路市立博物館(S63)

釧路市
「氷期の使者マンモス」「釧路の大地」「釧路の生物」「釧路の海」「釧路の先史時代」「釧路の近世と近代」「サコロベの人々」「タンチョウ」
▲ページトップへ戻る


No.4
青森県立郷土館(S59)、改定新版(H8)
展示案内 海を行き交う人たち(H24)

青森市
「海を行き交う人たち」「青森の自然」「青森の歴史」「青森の民俗」
▲ページトップへ戻る


No.5
岩手県立博物館(H2)

盛岡市
「県土の誕生」「いわての夜明け」「いわての歩み」「庶民のくらし」「いわての今」「分類展示」「近代美術展示」
▲ページトップへ戻る


No.6
仙台市博物館(S62)

仙台市
「旧石器時代〜室町時代」(古墳と豪族、伊達氏と戦国の群雄他)「江戸時代」(伊達政宗、仙台開府、伊達騒動、林子平と海防論他)「明治〜昭和」(戊辰戦争、自由民権と立憲政治他)「仙台藩の武器・武具」「支倉常長と東北のキリシタン」「コレクション展示」
▲ページトップへ戻る


No.7
秋田県立博物館(S61)
展示案内 秋田の自然と人のくらし(H21)

秋田市
詩の国の大地と人びと、
大地のおいたち/湖・川・海のめぐみ/秋田杉と秋田米/伝統から未来
人文展示室
秋田のあけぼの/北と南の交流/エミシと律令国家/統合へ向かう国家/成熟する社会/激動の時代を生きる
自然展示室
秋田の大地の成り立ち/秋田の環境と生物
▲ページトップへ戻る


No.8
山形県立博物館(H1)

山形市
「豊かな自然とその恵み」(新生代の山形、ヤマガタダイカイギュウ他)「山形の大地に刻まれた歴史」(ひらかれる出羽国、最上川のにぎわい、三山信仰への道他)「近代山形のくらしのうつりかわり」「教育県山形の足跡」―教育資料館―
▲ページトップへ戻る


No.9
致道博物館(H4)

鶴岡市
「庄内地方の原始・古代・中世」「明治維新と庄内」「江戸時代の庄内」(藩校致道館、庄内藩酒井氏他)「くらしと民具」「重要有形民族文化財収蔵庫」「旧渋谷家住宅」(重要文化財)「松ヶ岡開墾場と庄内農具館」
▲ページトップへ戻る


No.10
福島県立博物館(S63)

会津若松市
「原始」(福島最古の人間他)「古代」(会津大塚山古墳他)「中世」(阿津賀志山の合戦他)「近世」(会津農書の世界他)「近・現代」(安積開拓事業他)「自然と人間」
▲ページトップへ戻る


No.11
栃木県立博物館(S60)
展示案内 栃木の自然と歴史(H13)

宇都宮市
 「日光の自然と信仰」
   神橋付近、いろは坂〜白根山頂付近の動植物
   聖地・日光のあけぼの/霊場日光山
   栃木の身近な自然
   栃木の地質
 「栃木の歴史と文化」
   関東の画人たち
▲ページトップへ戻る


No.12
群馬県立歴史博物館(H3)

高崎市
「学習ホール」(群馬の土地の生い立ち)「原始」(最古の狩人たち他)「古代」(毛野の発展、古墳文化のひろまり他)「中世」(新田荘と新田氏他)「近世」(上野国の諸藩他)「近代・現代」(蚕糸と織物の発展他)
▲ページトップへ戻る


No.13
群馬県立自然史博物館(H11)

富岡市
「地球の時代」(水の惑星と生命の誕生、恐竜の時代他)「群馬の自然と環境」(利根川、尾瀬のおいたちと湿原の地形)「ダーウィンの部屋」「自然界におけるヒト」「かけがえのない地球」
▲ページトップへ戻る


No.14
埼玉県立自然史博物館(H2)
展示案内 地球の窓・長瀞の自然(H22)

秩父郡長瀞町
長瀞フィールドワーク
長瀞を巡る地質学者たち/結晶片岩の形成/変形小構造の形成/荒川の変遷と第四紀層の形成/荒川の水の働きにより形成された様々な現象/岩畳の生きもの/長瀞の自然から埼玉の自然へ
埼玉の自然とそのおいたち
埼玉の地形的特徴/太古の時代/秩父湾の時代/人の時代/亜高山帯の生きもの
石灰岩にきざまれた自然の造形/いろどられるブナ林/みどりこい夏のアカマツ林
冬枯れの雑木林


No.15
千葉県立中央博物館(H2)
展示案内 豊饒の房総(H26)

千葉市
「房総の大地」「豊饒の房総」「房総の地学」「房総の生物」「海洋」「生物の分類」「房総の歴史」「自然と人間のかかわり」
▲ページトップへ戻る


No.16
神奈川県立博物館(S59)

横浜市
神奈川の自然と文化を紹介する総合博物館であつたが、平成7年に自然系と人文系に分離、「県立歴史博物館」と「県立生命の星・地球博物館」との分館に伴い総合案内書は絶版
▲ページトップへ戻る


No.17
神奈川県立歴史博物館(H8)

横浜市
「さがみの古代に生きた人びと」「都市鎌倉と中世びと」(源頼朝と東国武士団他)「近世の街道と庶民文化」(宿場と関所他)「横浜開港と近代化」「現代の神奈川と伝統文化」
▲ページトップへ戻る


No.18
新潟県立自然科学館(H7)

新潟市
「こんなに役立つ自然科学館」「自然の科学」「生活の科学」「不思議な広場」等を紹介していたが、展示変更により総合案内書は絶版
▲ページトップへ戻る


No.19
富山県 立山博物館(H8)

中新川郡立山町
「立山信仰の舞台」(ブナの森へ、人のくらしと大地、秀峰立山、特異な景観)「立山信仰の世界」(立山が開かれる、おんばさまに寄せたこころ、立山登拝他)「遥望館」「まんだら遊苑」
▲ページトップへ戻る


No.20
小松市立博物館(H12)

小松市
「小松の黎明」(矢田野エジリ古墳の埴輪群)「一向一揆」「利常と小松城」「小松の学問」「産業と生活」(金平金山、白山山麓の儀礼用具)「化石コーナー」(中生代シダ植物化石)
▲ページトップへ戻る


No.21
福井県立博物館(S62)

福井市
「自然」(われらの祖先、古・中・新生代)「歴史T」(越前・若狭のあけぼの他)「歴史U」(越前朝倉氏と若狭武田氏、若越諸藩、越前焼の生産と流通、北前船、近代の福井)「民俗」「産業」(ふくいの織物、伝統工芸)
▲ページトップへ戻る


No.22
みくに龍翔館(H5)

坂井郡三国町
「三国の自然」(三国の海、三里浜砂丘他)「三国のあけぼの」「三国湊の発展」(三国湊と興福寺他)「三国湊のにぎわい」(和船と航海他)「三国と近代文学」「三国町のくらし」
▲ページトップへ戻る


No.23
松本市立博物館(S60)

松本市
「先史時代の松本」「古代・中世の松本」「近世の松本」(松本城築城、藩政の変遷と民生)「近代の松本」「人びとの暮らし」「信州の自然」「近代の美術」「古時計の世界」「近代教育の夜明けと旧開智学校」
▲ページトップへ戻る


No.24
市立大町山岳博物館(H5)
展示案内 北アルプスの自然と人(H17)

長野県大町市
北アルプスのなりたちやそこに生育する動植物、山と人のかかわりなどをとおして、北アルプスの魅力をさぐります。
山と人
山岳の自然
山と登山
雪形
特別展示室・ホール、付属園
コラム
▲ページトップへ戻る


No.25
岐阜県博物館(H1)
展示案内 山の国、水の国岐阜(H19)

関市
山と水の国のものがたり
山に生きる/水とのたたかい/山のめぐみ/水の国を制するもの/岐阜のモノづくり
岐阜の自然
岐阜の大地のおいたち/プレートで成長する大地/恐竜が支配した大地/哺乳類の時代/ほろびゆく生物/よそから来た生物/「里山」百年公園の自然
岐阜の歴史と文化
郷土のあけぼの/武士の世/街道と旅/人々のくらし/やきものと刀剣/近世の絵画/信仰の美と芸能
▲ページトップへ戻る


No.26
岐阜市歴史博物館(H10)

岐阜市
「金華山と長良川流域文化の歴史」(長良川流域の縄文文化、美濃平野の弥生文化、東海地方の窯業生産、道三から信長、美濃の美術工芸他)「長良川の鵜飼」(鵜飼いの歴史他)
▲ページトップへ戻る


No.27
名古屋市博物館(S58)

名古屋市
「尾張の先史時代」から「古代・中世・近世の尾張」「藩政の変遷」等を紹介していたが、展示変更により総合案内書は絶版
▲ページトップへ戻る


No.28
豊橋市自然史博物館(H7)

豊橋市
「古生代展示室」(古生代の海、生物の上陸)「中生代展示室」(三畳紀〜白亜紀)「アナトサウルス展示室」「新生代展示室」「郷土の自然展示室」(郷土から発見された新種他)
▲ページトップへ戻る


No.29
斎宮歴史博物館(H3) 改訂新版(H12)

三重県多気郡明和町
「伊勢の野の栄え」「文字からわかる斎宮」(斎王の誕生、斎宮の造営、神宮への参宮、王朝文学の世界他)「ものからわかる斎宮」(斎宮再現、斎宮の隆盛と繁栄、斎宮の遺物他)「いつきのみや歴史体験館」
▲ページトップへ戻る


No.30
滋賀県立琵琶湖博物館(H9)

草津市
「琵琶湖のおいたち」(マングローブの海の時代、湖のおいたちをさぐる他)「人と琵琶湖の歴史」(湖底遺跡、丸子船のできるまで他)「湖の環境と人びとのくらし」「淡水の生き物たち」「ディスカバリー・ルーム」「屋外展示」
▲ページトップへ戻る


No.31
大阪市立博物館(S57)

大阪市
「発掘された大阪」「大陸への門戸・難波」「中世の大阪」「町人の町 大阪」「天下のだいどころ大阪」「大阪の周辺農村」「町人文化―学問と芸術」「大阪の芸能」
▲ページトップへ戻る


No.32
大阪市立自然史博物館(S61)

大阪市
「大阪の自然」(外国からの侵入者たち、大阪の林と昆虫、淀川他)「地球と命の歴史」(大阪平野のおいたち、和泉山脈他)「生物の進化」「自然のめぐみ」
▲ページトップへ戻る


No.33
堺市博物館(H9)

堺市
「古代の曙光」(弥生文化と四ツ池集落、仁徳陵古墳他)「中世の開花」(町衆の形成と貿易都市、南蛮貿易への飛躍他)「近世の模索」(廻船と大阪、港の改修他)「近代の展開」(明治維新と堺県、大浜リゾート他)
▲ページトップへ戻る


No.34
兵庫県立歴史博物館(S57)

姫路市
「兵庫の歴史」「姫路城のすべて」等を紹介していたが、展示変更により総合案内書は絶版
▲ページトップへ戻る


No.35
兵庫県立人と自然の博物館(H7)

三田市
「兵庫の自然誌」(六甲のアカマツ林、氷ノ山のブナ林、氷上回廊他)「人と自然」「新しい文化」(環境にやさしい暮らし方、水辺の復権他)「生物の世界」「地球、生命と大地」(生物世界の拡大、地球を構成する物質と構造他)
▲ページトップへ戻る


No.36
神戸市立博物館(S63)

神戸市
「東アジアとの交流」(青銅の祭器、弥生土器の変遷他)「地方文化の発展」(播磨系瓦・須恵器の流通他)「江戸時代の兵庫津」「鎖国下の日本と外国」(異国船の接近と漂流、海外の知識について他)「開港をめぐって」(居留地他)「文明開化と近代化」(神戸の外国人他)
▲ページトップへ戻る


No.37
奈良県立橿原考古学研究所付属博物館(S62)

橿原市
「縄文時代の大和」〜「平安〜江戸時代の大和」等を紹介していたが、展示変更により総合案内書は絶版
▲ページトップへ戻る


No.38
和歌山市立博物館(H6)

和歌山市
「母なる紀ノ川の流れ」「和歌山の遺跡」「古代国家と紀ノ川河口」「荘園世界と雑賀の人々」「御三家紀州藩とその城下町」「市民の時代」「祭りと生活」
▲ページトップへ戻る


No.39
鳥取県立博物館(S60)

鳥取市
「県土のおいたち」「豊かな自然」「鳥取県のあけぼの」「因幡国と伯耆国」「因州藩三十二万石」「鳥取県の民俗」「信仰の美術」「近世の美術」「近代の美術」
▲ページトップへ戻る


No.40
和鋼博物館(H13)

安来市
「日刀保たたら」「鉄の道文化圏」「古代日本列島内の鉄文化」「山内の生活と高殿」「たたらの操業」「金屋子神を信仰する人びと」「安来今昔」
▲ページトップへ戻る


No.41
岡山市立オリエント美術館(H4)

岡山市
「狩猟採集から農耕牧畜の社会」「都市の成立と古代帝国への歩み」(アッシリアと新バビロニア、アケメネス朝ペルシャ他)「ヘレニズムとペルシャ文明」(アレクサンドロスとヘレニズム王朝、シリアノの彫刻とモザイック他)「イスラームの時代」
▲ページトップへ戻る


No.42
土井ケ浜遺跡の弥生人たち
土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム 展示解説(H10)

豊浦郡豊北町
「人骨が出た。発掘の歴史」「さまざまな埋葬施設」「奇妙な遺体処理」「葬送の器」「多彩なアクセサリー」「よみがえる弥生人」「風習的抜歯」「土井ケ浜弥生人」「弥生人のルーツ」
▲ページトップへ戻る


No.43
徳島県立博物館(H3)

徳島市
「日本列島と四国のおいたち」「狩人たちの足跡」「ムラからクニへ」「古代・中世の阿波」「藩政のもとで」「近代の徳島」「徳島の自然とくらし」「ラプラタ記念ホール」
▲ページトップへ戻る


No.44
瀬戸内海歴史民俗資料館(S60)

高松市
「海の暮らしと祈り」「農村の四季」「近世瀬戸内海と讃岐」(瀬戸内の廻船、船絵馬、讃岐の藩他)「瀬戸内のあけぼの」(海浜の縄文時代遺跡、塩つくり・須恵器つくり他)
▲ページトップへ戻る


No.45
高知県立歴史民俗資料館(H6)

南国市
「原始・古代」(土佐のあけぼの、古墳文化他)「中世」(武士の成長、土佐の戦国時代他)「近世」(土佐藩の成立、幕末のとさ他)「近・現代」(明治維新と高知県他)「民俗」
▲ページトップへ戻る


No.46
九州歴史資料館(S58)
展示案内 交流のかなめ ふくおか(H28)

小郡市
「大宰府」 大宰府前史/水城と大野城/大宰府と西海道/鴻臚館と博多/観世音寺と国分寺/西海の神々/天神信仰とさいふまいり/明治維新前夜/大宰府史跡の保存と顕彰/史跡発掘
「福岡県の歴史と文化」 狩猟と採集/米づくりのはじまり/交易の拠点/古墳文化/大宰府の瓦/古代の人びとのくらし/仏像/神像/渡来系文物/経塚文化/古文書が語る/四藩の成立/福岡県の誕生/炭鉱・製鉄と交通

▲ページトップへ戻る


No.47
佐賀県立名護屋城博物館(H11)

唐津市
「日本列島と朝鮮半島との交流史」「名護屋城以前」(縄文文化の交流、渡来人と古墳他)「歴史の中の名護屋城」(文禄の役、慶長の役李舜臣他)「名護屋城以後」(朝鮮通信使、誠信外交他)「名護屋城跡並びに陣跡」
▲ページトップへ戻る


No.48
シーボルトのみたニッポン
シーボルト記念館 展示解説(H6)

長崎市
「東洋への関心」「出島の暮らし」「鳴滝塾の日本人」「将軍に会う」「つかの間の幸福」「シーボルト事件」「ヨーロッパの30年」「たきといねの30年」「ふたたび日本へ」
▲ページトップへ戻る


No.49
熊本博物館(S59)

熊本市
「地質展示」(古生代〜新生代、阿蘇山他)「生物展示」(五家荘・阿蘇・天草の自然他)「理工展示」「考古展示」「歴史展示」「民俗展示」「天守閣分館」(加藤氏と細川氏、神風連の変と西南戦争他)
▲ページトップへ戻る


No.50
大分県立歴史博物館(H12)

宇佐市
「生死いのり」「豊の古代仏教文化」「宇佐八幡の文化」「六郷山の文化」「富貴寺大堂の世界」「広がる仏教文化」「信仰とくらし」
▲ページトップへ戻る


No.51
宮崎県総合博物館(H11)

宮崎市
「自然史」(宮崎の森・水辺、宮崎の大地、宮崎の生物)「歴史」(日向のあけぼのに生きる、古代から近世を生きる、発展しつづける宮崎)「民俗」(民俗へのいざない、民家園他)
▲ページトップへ戻る


No.52
鹿児島県歴史資料センター黎明館(S62)

鹿児島市
「県民のエネルギーの源泉となったものは何か」(火山の国鹿児島他)「県民のエネルギーは何によってつちかわれたか」(自然への対応、薩摩の社会と文化他)「県民のエネルギーはどのように活用されてきたか」(明治維新と鹿児島他)「県民のエネルギーはどのように活用されつつあるか」
▲ページトップへ戻る


No.53
沖縄県立博物館(S61)
展示案内 「海と島に生きる」(H23)

那覇市
海と島に生きる
島々の形成/多様な生きものたち/生きものたちの分布/旧石器の人びと/集落の形成
グスクの成立/琉球王国の繁栄/王国の変革と衰亡/琉球から沖縄へ/沖縄戦と米国統治
現代に生きる
沖縄の自然
島々のなりたち/亜熱帯の自然/固有の生きものたち/外来生物の問題
沖縄の文化
沖縄の考古学 土器と編年/戦争遺跡
暮らしの中の美 染織/工芸/琉球の書と絵画
人びとのくらし 聖地と信仰/ノロの世界/生まれることと死ぬこと/海しごと・山しごと/伝統的な住まい
▲ページトップへ戻る


No.54
地球、生命あふれる不思議な星
神奈川県立生命の星・地球博物館展示案内(H14)

小田原市
 「地球と生命の物語」
   地球を考える
    地球誕生/地球の仕組/生命が変えていく地球
   生命を考える
   地球が生んだ多様な生物種
▲ページトップへ戻る


No.55
ナウマンゾウの狩人をもとめて
野尻湖ナウマンゾウ博物館 展示解説(H14)

長野県上水内郡信濃町
 ナウマンゾウとゾウ狩をする野尻湖人の文化や当時の自然環境を紐解くとともに、全国各地の小中学生から社会人まで一般の人たちと専門家が一緒になり40年以上にわたって発掘・調査を続けているユニークな野尻湖発掘の歩みを解説
「ゾウのいた湖」「湖底を掘る」「ナウマンゾウとはどんなゾウ?」
「ゾウ狩りの遺跡」「ナウマンゾウがいたころの環境」
「ナウマンゾウが消えたあと」「野尻湖発掘のあゆみ」
「氷河時代を発掘してみませんか」
▲ページトップへ戻る


No.56
恐竜 6500万年の眠りからさめて
福井県立恐竜博物館 展示案内(H15)

勝山市
 フクイラプトルやフクイサウルスをはじめ多くの恐竜化石が発見されている福井県。恐竜の不思議にせまると共に、生命の歴史40億年の旅を振り返る
 恐竜の不思議にせまる
 恐竜のからだ
 恐竜の暮らし
 発掘から復元まで
 生命の歴史40億年の旅
 ダイノラボ・ダイノギャラリー
▲ページトップへ戻る


No.57
自然のしくみ 茨城、そして地球
ミュージアムパーク茨城県自然博物館 展示案内(H16)

岩井市
身近な自然をさぐる
菅生沼の自然
   菅生沼の変遷/菅生沼の生きもの
地球の生いたちと未来
   地球の誕生/古生代の海―海から陸へ―/中生代
新生代/茨城の第四紀/人間に翻弄された生きもの
茨城の希少生物/未来にのぞむ
ヌオエロサウルス
メタセコイア
ミュージアムパークの野外施設
▲ページトップへ戻る


No.58
フォッサマグナってなんだろう
フォッサマグナミュージアム展示解説(H17)

糸魚川市
フォッサマグナを発見したナウマン博士ゆかりの
資料と地球誕生から今日にいたる大地の変遷や石
と人間のかかわりを分かりやすく展示
山岳に秘められた謎
日本の夜明けとナウマン
ナウマンの地質研究
フォッサマグナに気がついた
フォッサナグナと日本列島の生い立ち
フォッサマグナで暮らす
▲ページトップへ戻る


No.59
萩の町は屋根のない博物館
萩博物館展示案内(H18)

萩市
「萩は、山や川や海などの自然と、豊かな文化遺産に包まれ、
さながら屋根のない博物館のようなまちです。」
この展示案内はそんな萩市の町中を紹介するものです。
・ようこそ、萩まちじゅう博物館へ
・展示室からまちじゅうへ
・萩学なんでもボックス
・萩まちじゅう博物館のしくみ
▲ページトップへ戻る


No.60
水と風がつくる自然 高山から深海まで
富山市科学博物館展示案内(H25)

富山市
「めぐる水がつなぐ」「富山・大地の成り立ち」「富山の生きものと自然環境」「宇宙へのたび」
▲ページトップへ戻る


No.61
南北の共存 東西の交流
三重県総合博物館展示案内(H27)

津市
「みんなでつくる博物館」「三重が持つ多様性の力」「南北の共存 東西の交流」 「三重!みえ!MIE!」「三重の大地のなりたち」「三重の多様で豊かな自然」「自然とともに生きる」「三重をめぐる人・モノ・文化の交流史」
▲ページトップへ戻る