日本生命財団について 財団の概要

ご挨拶

公益財団法人 日本生命財団(ニッセイ財団)は、日本生命保険相互会社が、創業90周年を迎えるに当り、同社創業以来の共存共栄、相互扶助の精神に基づき、「人間性・文化性あふれる真に豊かな社会の建設に資すること」を目的として、1979年(昭和54年)7月に設立された助成型財団でございます。

以来、この目的を達成するため、その時々の社会において特に要請度が高いと考えられる分野を対象とした助成事業、ならびにシンポジウムの開催・成果の出版などをおこなってまいりました。

特に、
「1.児童・少年の健全育成助成」
「2.高齢社会助成」
「3.環境問題研究助成」
を、3つの重点助成分野として、財団活動を継続して参りました。

おかげさまで、2019年には、設立40周年を迎えることになりました。この40周年を記念して、今後、上述の3分野を中心に、特別事業を実施して参ります。

これからも、社会の動静に留意しつつ、真に豊かな社会の建設という財団の目的達成のために努力してまいる所存でございます。引き続き、皆様方の深いご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

2017年(平成29年)12月
公益財団法人 日本生命財団 会長 武田 建
理事長 甲斐 啓史